夏でも悩ましい乾燥肌|人気の格安サロンの情報満載のサイト

HOME   >   夏でも悩ましい乾燥肌

夏でも悩ましい乾燥肌

原因も症状も様々な乾燥肌

目をつぶった女性 一言に乾燥肌と言っても、その原因や症状も様々あります。

空気が乾いている冬場になると足や背中など身体のいたる部分が乾燥することがありますが、夏場でも顔の肌だけは乾燥してしまうという悩みを抱えている人も多く、その理由として挙げられることが、顔の部分は常に露出しているということが挙げられます。

身体とは異なり、衣服で覆われることがないため、常に外気にあたっており紫外線を吸収してしまいます。また、身体よりも洗う回数が多いことも乾燥肌に繋がっています。

皮脂が洗い流されることで、肌の表面を清潔に保つことができますが、そのことで油分の不足を招いてしまい、潤いが感じられなくなってしまいます。
さらに、加齢も乾燥肌の原因の一つと考えられています。

皮脂の分泌が少なくなることや、保湿成分であるセラミドやコラーゲンの量が減少することも乾燥肌を招く要因となっており、内側からの保湿能力が低下しているため、室内の加湿を充分に行い、湿度を下げてしまうエアコンを必要以上に使わないように注意をしましょう。

外側と内側から、たっぷりの保湿

湿度が低く肌の水分が蒸発しやすいだけではなく、運動量が低下することで皮脂自体が少なくなる冬は、新陳代謝も低下してしまうため、肌の再生が遅れがちになります。

古い角質が肌の表面に乾いた状態のままで残ってしまうため、白く粉が吹いたように見えてしまう
こともありますが、高温多湿の夏でも乾燥とは無縁ではありません。洗顔やエアコンの問題だけではなく、もともと夏は肌の内部の乾燥が激しくなる季節でもあり、プロのエステティシャンによる適切な施術で、肌の奥までたっぷりと保湿を行ってもらいましょう。

店舗によって施術方法は異なりますが、ハンドマッサージなどで肌の血流を促進させることで、新陳代謝を高め、さらにはクレンジングやピーリングで肌の表面を整え、内側まで保湿液が入り込みやすい状態を作ります。

自宅で保湿を行う時とは異なり、その前段階として、プロの手によって肌が保湿液を受け入れやすい状態が作られます。また、エステで利用している高機能のコスメは肌の奥まで届きやすく、充分な保湿を行ってくれます。

エステの効果を持続させるためにも、自宅でも水分補給を意識し、さらに保湿効果の高いビタミンB群やビタミンEを含む大豆やナッツ類、肌にハリと潤いを与えるコラーゲンを含む鶏肉や豚肉を摂取するなど、内側からも保湿を行うことを心がけましょう。


治りにくいニキビとニキビ跡への対処法

TOPページ